長年住んだ我が家、何年経ちますか?
そろそろ耐震や老朽化が気になったり、家族形態が変わって
使わなくなった部屋が増えたり、長年住んでいる住宅に不安や不便があるときは
「スマイルリノベ」にご相談ください。
リノベーション(家の大規模リフォーム)を行うことで
まるで新築のように住みやすく快適なお家に生まれ変わります。

smile_renovation

子育てのことを考え二世帯住宅に! 家全体が何度目かの大規模改修です。

家族形態が変わったのをきっかけにリノベーション

松川町にお住まいのY様邸。40年ほど前、ご主人が生まれた頃の家は、商店街に位置する3階建の邸宅でした。1Fが店舗、2-3階が住居でしたが、Yさんがご結婚、お子さんが生まれ、家族形態が変わってきたのをきっかけに、今回リノベーションをご依頼いただきました。主に変更したのは3Fの若夫婦世帯部分となります。
変更前は2Fで2世帯一緒にキッチンや水回りを使っていましたが、今回3F(和室2部屋+洋室2部屋)を、リビングダイニング1室と、洋室の子ども部屋2つ、夫婦の寝室1つに改造。
若夫婦世帯が自分たちの時間でのびのびと暮らせるように設計しました。

リビング・ダイニングと、兄妹の部屋を新設

広いカウンターと調理台は奥様の好みで設計。
子どもたちも、学校から帰ってきてまずこの部屋で宿題をしたり、家族全員がほとんど一緒にすごすのがこのお部屋となります。

兄妹の部屋は将来のことを考えて…

続きの和室だったところは、兄妹のそれぞれ洋室にして、真ん中の仕切り部分を収納にし、靴置きや、上着かばんなど兄と妹で2つにわけて収納できるようになっています。
他にも壁や天井全体の断熱と、フローリングをしたので3Fはまるっと家一軒分を改修したことになります。

平日は祖父母世帯と一緒に生活、休日は各自マイペースで

いつもは2世帯一緒に生活していますか?
「平日はいつも一緒にご飯を食べて、家事もおばあちゃん夫婦と協力しあっています。休日はのんびりマイペースで生活したいので、ばらばらです。2階にもそれぞれトイレとキッチンがあるから気楽です」

3Fが主な生活空間

3Fがリビングなのでデッキからの眺めが最高ですね
「デッキが広いので、洗濯物をほしたり、焼き肉なども誰にものぞかれず気楽にできます。普通はリビング続きでお庭があるのかもしれませんが、うちはデッキがお庭代わりです」
デッキの向こうにも階段があり、おじいちゃん宅へ降りていけるようになってるんですね。
「増改築を重ねているうちにいろんなところに入り口ができて迷路のようになってしまいました(笑)子どもがかくれんぼできます。」

気に入った収納家具は移設

今、1Fの玄関を入ったところが、ちょっとした多目的ルームになっていますが・・・
「ここに以前はリビングがありました。そのリビングにあった大きなリビングボードは、気に入っていたので取り外して、3Fにもってきて、今リビングの主役になっています。たくさん収納があって便利です。」
広いリビングの使い心地はどうですか?
「子どもたちの部屋がそれぞれありますが、今は宿題も遊びもすべてこの部屋で家族一緒にしていてにぎやかです。」
きっともう少しお子さんが大きくなったらそれぞれの兄妹の洋室が有効に活用されるんでしょうね(^^)

 

家族構成が変わり、2F部分を減築。 シンプルだけど使いやすい平屋の家に。

母親一人がきままに暮らすためにシンプルなお家を

飯田市山本の美しい里山に囲まれたM様邸。
もとのお家は先代のおじいさんが、自分の子どもたちが小さい頃に建てた2階建ての大きな家でした。
娘二人はそれぞれ大人になってから、きままな一人暮らしをしたいということで、母屋の両脇に1件ずつ離れを建てて住んでいます。
今は母親の家、長女の家、次女の家と3組の世帯が同じ敷地内にあり、まさにスープの冷めない距離で、家族みんなが半分同居、半分一人暮らしの生活をされています。
このたび、おじいさんが亡くなったこともあり、母親一人では2階建ての家を持て余してしまうということで、思い切って、2階部分をそっくり減築するプランを考えました。

夜のくつろぎタイムは家族全員一緒で

新しいお家の一番のこだわりは、広くて使いやすいリビング・ダイニング。普段はお母さん一人住まいですが、夜は家族全員が揃ってわいわいと、お料理するのも、お風呂に入るのもすべてこの家で過ごしています。
広いキッチンと、カウンター越しに話ができるリビングで、にぎやかで気楽で楽しいひとときが過ごせそうです。

南向きの窓からおひさまの光が降り注ぐ

全面リフォームにあたり、お家は全体的に南向きの玄関と、南向きの窓にしました。
掃き出し窓から家中に風を通したり、おひさまの光を入れたり明るい日差しが降り注ぐ設計になっています。
開けっ放しでも土地の広い田舎暮らしなので、所有する田んぼの風景が広がるだけ。
ベッドルームからも春夏秋冬の自然を眺めることができます。
「冬暖かく、夏涼しく過ごしたい」そんな奥様の希望が叶うように、床や天井、壁にはしっかりと断熱を入れ、外の冷気を防ぐ工夫をしています。
サッシも外側のサッシと、内側のサッシがありそれぞれが2重窓なので、4重のサッシになっています。
これで湿気とカビに悩む生活ともさよならできます。夏は開放的な窓があるので、風が涼しく通ります。

古いお家の瓦はそのまま活かして

2Fから1Fへの減築ということで、プランを立てる時は思い切りが必要でしたか?
「以前の家はおじいさんが建てた思い出のお家なので、やはり2階を全部とってしまうというような大きな改築は、おじいさんに悪くて言えなかったです。
でも、二間続きの和室はちゃんときれいに再現して、おじいさんやご先祖様の写真など思い出の品は残しました。瓦は以前の家に質の良いものを使っていたのでそのまま全部、再利用したんですよ。」
え!?この瓦ひとつひとつをはずして、また施工しなおしたのですか?
「はい、いったん土台だけ残して、2階をとってしまい、その他すべて、床も壁も屋根も作り直し、その上で瓦職人さんが施工してくれました。」
すごく丁寧なお仕事ですね。びっくりです。

リフォームプランで一番お願いしたことは?

計画をするうえで、特にこだわったところとか、住まいる工房さんにお願いしたことはありますか?
「費用ををなるべく抑えたかったので(笑)使えるものは再利用してもらえるように頼みました。ちゃんと希望を聞いて、予算内に収まるかいろいろ相談にのってくれました。お値段以上のお仕事をしてもらえたと思っています。」

収納たっぷり、主婦目線

新しいリビング、娘さんたちの評判は?
「ここが一番みんながくつろぐスペースなんです。私達日本人だからなのか、やっぱり畳があるとくつろげるのね。それで、リビングの真ん中には畳スペースをつくって、ごろんとヨコになれるようにしてもらいました。」

本当にすっきり片付いていて広い素敵なお部屋ですね。
「収納スペースはたくさん欲しかったので、いろいろ相談にのってもらいました。隠れてますけど収納にいっぱいいろいろ入っています。キッチン横のパントリーも、ちょっとしたものを置けるのでとても便利です。」

平屋にしてよかった

大きく改築してみての感想はどうですか?

「大きな家は大家族だった頃は必要だけど、今は広くても物置にしてしまうだけで、どんどん無駄なものが増えちゃうんです。掃除も行き届かないし、手が届く範囲の小さくて住みやすい家が一番です。
実はここから見える向こうに、もうひとつの離れがあるんですよ。今は誰も使ってないので、もったいなくて。誰か都会から、田舎に住んでみたい人が来てくれないでしょうか?(笑)」
広い田んぼの向こうにもまた住みやすそうな小さな一軒家が!都会の人が聞いたらびっくりしてしまいそうですね。

 

ワンちゃん5匹は家族同然。 ワンズと暮らしやすい開放的なお家に。

手作りDIY+全面リフォームの家

飯田市のY様邸。
芝生に囲まれた庭と、家をぐるりと取り囲むように木製ベランダ。そして開放感ある掃き出し窓から、ワンちゃんたちの元気な声が聞こえてきます。
一家の構成はお父さん、お母さん、娘さん、そして5匹のワンちゃんたち。
とてもにぎやかで、手作り感たっぷりの愛情あふれるお家です。

3つのお部屋はワンちゃん自由スペース

まず玄関を入ってびっくりするのがワンちゃんたちの広い運動場?かと思ったら、一家のリビング・ダイニングでした。
キッチンでお料理しながらも、ワンちゃんたちの様子が一望できます。
ワンちゃんは、寝室・寝室横のリビング・そしてキッチンとつながったリビングの3つのお部屋を自由自在に動き回れるようになっています。床にはワンちゃんの爪を傷めないようなやさしいマットが敷いてあります。

ベランダとそこからワンちゃんが遊べる芝生スペース

家を取り囲むようにして広い木製のベランダがありますが、そことそこにつながる芝生のお庭、ここまでがワンちゃん自由地域。ちゃんとお庭が柵で囲ってあり、脱走しないようになっていて、こんな広いお家でのびのびと暮らせるワンちゃんたち、とても幸せそうです。

部屋を分断していた廊下がカウンターキッチンに変身!

リフォームを頼んだきっかけは何でしたか?
「最初はお風呂を治してもらおうと思っていただけでした。でも相談していたらいろいろ治したいところが出てきて、結局外壁も全部、家一軒まるごとリフォームのプランになってしまいました」
ガラッと変えたのはどのあたりですか?
「1階は家の真ん中に廊下が突き抜けていて、それが部屋を分断していたというか、狭くしていたんです。それをとっぱらって、移動スペース兼キッチンにしちゃいました。おかげでキッチンが増えたぶん、家が広くなったと思います」

エコカラットという貼るだけの壁材で消臭

ワンちゃんたちがすごく自由そうで幸せですね
「家は大きくわけて、ワンちゃんが自由に動けるエリアと、人間のみエリアに分けています。だから掃除もピンポイントに絞ってできるからニオイ対策などもやりやすいと思います。」
ペットが多いということで消臭なども気になりますね。
「エコカラットという壁材が良いと住まいるさんにすすめられたので、リビングの入り口に設置してあります。匂いの吸収と、湿気を吸い込むということで、貼るだけで簡単なのでよかったと思います。見た目もおしゃれです。」

自分たちでベランダの床板を貼ったり…

自分たちで作った場所も多いとか?
「はい、もとからいろいろ手作りするのが好きな家族なので(笑)自分達でベランダの床板を貼ったり、収納スペースも自分で作ったり、犬のための便利な階段とか、なんでも工夫して作ってしまいます」
すごいかわいいですね、ベッドに登るミニ階段があるんですか(笑)
「ベッドにのせてーとかうるさいので、ちゃんと登れるように階段つくってしまいました(笑)」

 

製紙用チップ製造から、DSGsな会社へ 新社長のスタートと一緒にリノベーション

新社長に代代わりし、社屋も新装

南信チップセンター様は飯田市伊豆木の山麓に位置する、木材のリサイクル会社です。森林整備や木材の端材をリサイクルし、社会が再生エネルギーをより効率よく使えるように様々な分野に納入しています。
会社は昭和58年創業で、先代社長(現会長)が創業しましたが、2代目の新社長に交替するのを機会に、社屋を全面改築し、会社と一緒に新スタートを切りました。

全面改築ですが、土台はそのまま活かして、一部従業員用トイレを増設するなどして、まったくの新築物件に見えます。

重機と丸太材に囲まれた新社屋

社屋の周りは、丸太材や、バイオマスチップの原料がうず高く積まれ、大型重機がまるで巨大なロボットのように忙しく働いています。

そんな中で2代目社長さんにインタビューさせていただきました。

大きな窓から見える木材の山

事務所の窓から見える重機や木材の景色がすごい迫力ですね!
「はい。この景色が当社の主要部分になりますので、大きな窓をつけてもらって、絵のように眺めることができるオフィスになりました。」
この大量の木材は何に加工されるんですか?
「以前は、ほとんどが製紙原料チップで、主に製紙メーカーさんに納入していました。
しかし、東北震災の後、国から再生エネルギーをより多く使いたいという方針がありまして、再生エネルギーというのはたとえば、太陽光、風力、地熱などがありますが、そのなかに《バイオマス発電》というのも含まれます。
バイオマスというのは生物由来のエネルギーという意味で、うちの会社がバイオマス(チップ)を製造し、発電所へ納品され、そこで燃やしてエネルギーにする。
これで石炭や石油の削減にかなり貢献していることになります。」

丸太から考えるエコの社会

こんなにたくさんの丸太が積まれていますが、燃やすなんてもったいないみたいです。
「丸太にはランク付けがあり、建築に向く製材のための木材、それより若干劣る、ベニアや合板などを作るための木材、そしてそのランクに満たない低品質の木材もあります。山林を管理するうえで間伐というのはとても大事な作業になり、上質の木材を育てるために、そうしても商品にならない木材がいっぱい出てしまうんです。日本の貴重な森林資源ですから、これを捨てるのはとてももったいないので、有効利用します。」
なるほど!まさに日本のエコを守っている会社なんですね!

とても使い勝手が良くなりました。

リフォームはどうやって進めましたか?
「最初、従業員用の外設置のトイレが欲しくて、あとは事務所の間取りも使い勝手が悪かったので、いろいろと相談していました。」
一見して新築に見えますね。
「元の事務所の外側にトイレ増設して、エントランスの部分も外側に増築したので、まったく新しい社屋になり、さらに広くなったのでとても使い勝手が良くなりました。」

窓からの景色が絵のようです

この玄関横に設置されたミーティングルームも増設なのですか?とてもおしゃれですね。
「はい、窓を開けると、緑の森がそのまま裏庭みたいになってるので絵みたいで気に入ってます。
この大きなモニターは工場内をすべて監視できるカメラとつながっていて、セキュリティも考えています」
改築してみて感想はどうですか?
「申し分ないくらい快適になりました!断熱もしっかりやったし、サッシも良いのを入れたので、肌感覚で冬あたたかく、夏涼しく過ごせてると思います。
リフォームと同時にエアコンも全部入れ替えたし、照明もLEDにしたのでトータルで見て省エネ効果があると思います」

 

創業40年の居酒屋。懐かしさはそのまま 密にならないためのテーブル席を増設。

飯田市馬場町のなつかしい横丁

飯田市馬場町の懐かしさを感じさせる横丁に、「居酒屋じん兵衛」様があります。
住宅兼店舗で4階建てのタテに長い建物。
昭和の頃から地元のお客様に親しまれてきた家庭的な居酒屋さんです。
先代とおかみさん、そして二代目ご主人と奥様、4人で毎日喧嘩しながら仲良く切り盛りしているそうです。
横の土地が空いて、増築できるようになったのをきっかけに、大規模リフォームを施工させていただきました。

リフォームでテーブル席、個室も増えた

新装オープンはいつでしたか?
「2019年だったので、まだコロナ流行前でした。」
そうでしたか・・・その後たった数ヶ月で世の中が変わってしまいましたね。
「はい、お店ではお客様皆さん、遠慮なく大声でわいわいと楽しめたので、今が本当に残念です」
でも、個室というか、少人数で飲めるスペースが確保でき良かったですね。
「はい、偶然ですが、増築できたぶんを、椅子席の個室を増やすことができ、今思えば本当に良かったと思います。以前は狭い場所でほぼカウンターで・・・みたいな感じでしたので」

家族の生活スペースとの区切りも整理したかった

リフォームはどんな形で依頼されましたか?
「たくさん要望があったので、めいっぱいわがまま言わせてもらいました(笑)」
住居部分も一緒に?
「うちは3・4階が家族の生活スペースなんですが、一部2階がお客様用の宴会座敷と、家族が使う洗面所が交差していたので宴会が入っているときは使えなかったりいろいろ不便だったのでそのあたりも、きちんと区切ってもらいました」

1・2Fをリフォームと増築

リフォームを実施したのは、1階と2階になりますか?
「はい、1階は増築したので、個室での椅子席を増やして、カウンターと座敷スペースはきれいにし、奥の調理場も全部使いやすいように一新しました。
2階は、宴会席なのでこちらも椅子でご宴会ができるようにきれいに改築。そして住居部分の水周りとしっかりと区切ってお客様と鉢合わせしないようにできました。スタッフルームというか、従業員が休めるスペースもできました。」

コジャレタ飲み屋にしないでと要望が

どんなところにこだわりましたか?
「常連さんから『あまりおしゃれにしないで!』『小洒落た飲み屋になったら来にくい』みたいに言われたので(笑)なつかしさはそのまま保っています。このカウンターもいったん古い店からはずして、場所を移動してもう一度設置しなおしました」

アットホームな居酒屋メニューを楽しむ常連さんでいっぱい

そうなんですね!やっぱりこういう、昔ながらの居酒屋風のところが落ち着けるんでしょうか
「そう言われます。料理も家庭的なものが多いので」
美味しそうな創作メニューが並んでいます。おすすめは?
「うちはほんと家庭的な料理ばかりですよ、焼き鳥とか定番ですが、この味を保ってほしいと言われます」
笑顔が素敵で、アットホームな地元の居酒屋さん。これからも皆さんに笑顔と美味しさ、くつろぎを届けてくださいね。

 

 

お問い合わせ・資料請求

    お問い合わせフォーム

    お急ぎの場合は直接お電話でお問い合わせ下さい。
    住まいる工房 0265-53-2560(9:00~18:00)
    お名前 (必須)
    ふりがな(必須)
    メールアドレス (必須)
    ご住所
    お電話番号
    お問い合せ内容
    (複数選択)
    浴室キッチントイレ収納増改築外壁・屋根断熱工事改修&修理外周り工事その他
    ご相談内容
    お知らせメール
    当店から見学会などのお知らせメールをお送りして宜しいでしょうか?
    yesno
    リフォーム事例集
    希望不要
    ご要望の方にカラー8Pのリフォーム事例集を無料プレゼントします。
    メール送信の確認

    当社のプライバシーポリシーにつきましては、こちらをご参照ください。

    トライネットグループ

    グループサイトマップ

    アクセス メール PAGE
    TOP